「封印したまま」「GPS監視*」で運搬し、「溶解」で確実に消去。
世界最高レベルのセキュリティ体制で、情報漏洩を防ぎます。

情報セキュリティが問われる時代、客名簿・カルテや経理書類などの機密書類は、確実に処理されなければなりません。当社の機密文書処理は、集荷から処理まで一切未開封・無選別のままで、溶融処理します。繊維レベルまで溶解するから、シュレッダーより確実。運搬の監視にはGPS*を利用し、処理後は溶解完了証明を発行する、世界最高レベルのセキュリティです。

*GPS監視対応ができない地域がございます。ご了承ください。

●顧客リスト・名簿 ●医療カルテ
●請求書・納品書 ●見積書 ●古い伝票・帳票類

処理の特徴

クリップやバインダーも丸ごと処理。面倒な分別が不要です。

クリップやバインダーも、感熱紙やPP用紙も、まとめて専用のBOXに入れるだけのカンタン処理。手間がなく、分別時の情報漏洩も心配ありません。CD-ROMなどの記録メディアも処理できます。
(書類とメディアは分別し、別のBOXにまとめてください。)

BOXを封印し、GPS監視*の下で運搬。

お客様の前でBOXを封印したら、その後は一切開封しません。GPS監視*の下、経路や時間を記録しながら、処理工場へと運搬します。

処理後は完了証明書を発行。確実に処理したことをお知らせします。

機密文書は「溶解処理」いたします。強い水流で繊維をほぐして、再生不能の状態へ。記録メディアは「破砕処理」します。処理後は運搬記録を添付した「完了証明書」を発行し、確実に処理されたことをお知らせします。

資源は100%リサイクルいたします。

処理後、紙資源はトイレットペーパーなどにリサイクルされます。繊維レベルまで分解するので、判読・再生は不可能です。ご安心ください。

処理のフロー

紙の場合

記録メディアの場合