医療法人王子総合病院

2021.07.20 インタビュー
常務理事・事務部長 高木様

◇課題に対して、福興産業からどのような解決策が提示されましたか?

◆高木様:感染性廃棄物に関して現在当院はプラスチック容器で全量排出していますが、鋭利・液状物以外の固形物を
段ボール容器へ排出することで、コストも削減できるし、職場の環境なども変えられるので、非常に良い提案をいた
いたと思っております。ICTとこれから話しをして進めていこうと思います。

◇どのような点を評価していただきましたか?

◆高木様:感染性だけに特化せず、他病院さんとの色んな情報の共有など、感染性の情報だけではなく、他の施設の方
又それに関係している方も紹介いただき非常に当院にとってメリットがあり、評価というか助かっています。

◇実際にお取引いただいて、良い点、改善を要望するポイント、疑問に思っていることなどありますか?

◆高木様:良い点は毎日回収に来て、御社業務の方と排出側の当院スタッフ立会いの下、廃棄物保管庫から収集・積み
込みなどスムーズに行っています。
  また、先日も中間処理施設へ同行視察に行き、リサイクル可能な施設を選定してくれたところも非常にしっかりし
いるので、安心してお任せできると思っています。

なお、疑問に思っていることはありません。逆に感染性だけではないご提案をいただいているので、非常に助かっ
ます。
現状COVIDの関係もあり、厳しい状況ではありますが、今後は他の病院さんと交流する機会として、御社から紹介い
だいた「医療機関連携交流会」に参加し他の病院さんがどんな悩みがあるのか、色々ご相談をしたりして、良いことは
取り入れ情報交換をさせていただきたいと思っております。

◇貴院で研修を実施する意図・目的を教えてください。

◆高木様:針刺し事故も起こるので、感染防止対策の一環として、看護師又携わるスタッフへ感染性廃棄物処理につ
て適正に処理されているか再認識を踏まえ研修を行ってほしいです。 

◇福興産業の情報提供についての感想をお聞かせください。

◆高木様:情報は多い方だと思います。直接会ってお話して、当院も何かあれば相談できるので助かっています。

◇貴院で、廃棄物処理に関して特に留意されていること、独自の取り組みなどあればお聞かせください。

◆高木様:未だ着任して日が浅いので、他の病院さんがどういう取り組みをされているのか、逆に当院で未だ削減でき
ることがあれば取り組んでいきたいですね。

◇廃棄物に関して弊社と提携している専任のコンサルもいますので、今後も全国の事例、情報などを引続きお伝えでき
ればと思います。

 今日はありがとうございました。今後もスタッフ一同、より一層精進してまいります。(取材者/福興産業 玉村)