• 他品目・大量で手配が面倒
  • 業者や伝票の管理が大変
  • 処理コストを削減したい

そんなお悩みを抱えている「企業・事業者のみな様へ」
わたしたちが解決します。

品目ごとに収集業者が違うと、手配が面倒なお客様。

工事・製造に使われたプラスチック・金属から、工場の廃油・廃液、排水施設などから出される汚泥、さらに処理の難しい水銀や使用済み蛍光管、古い機密文書などなど…廃棄物は細分化され、それぞれに許可を取得している業者が異なります。すべて分別・計量して適正に回収手配するのは面倒。だから、当社にお任せ下さい。

福興産業が、様々な廃棄物をまとめて回収します。

幅広く許可を取得している当社なら、様々な品目の廃棄物をまとめて収集運搬できます。また、場合によっては適切な提携業者の手配を代行できます。以下品目も福興産業はまとめて回収しています。

  • プラスチック
  • 金属・ガラス・陶磁器くず
  • 廃油や廃液
  • 伝票・顧客リストなど機密書類
  • 排水施設などから出る汚泥
  • 廃薬品類
  • 蛍光管
  • 水銀
  • アスベスト

廃棄物の処理コストを削減したい

回収業者が細分化していると、余分なコストがかかります。また、廃棄物の統計を分析していないために、分別・処理方法や回収サイクルなどに無駄が生じていることもあります。

福興産業が、コスト削減に向けたご提案をさせていただきます。

廃棄物の窓口を当社に一元化することでコスト削減につながります。また、お客様が排出される内容や量を分析し、幅広い選択肢の中から適正な処理方法をご提案。また、回収サイクルの見直しなど様々な面から、コスト削減の可能性を探ります。

コンプライアンス向上、リサイクル率向上の命題

排出者責任として処理施設を視察する必要があります。また、環境対応を考えるならリサイクル率向上への取り組みは課題。適切な業者を選び、中間処理後の流れまで把握する必要があります。御社は対応できていますか?

「業者選定・管理」や「リサイクル率向上」のご相談も承ります。

処理工程の管理や伝票のとりまとめが面倒。

回収時に発行し、中間処理後に戻ってくるマニフェスト伝票。品目によって時差があるから、「どこまで処理が進んだか」「返却漏れがないか」を管理するだけでも大変です。また、毎年自治体に提出する報告書作成のためのデータのとりまとめも負担ではありませんか?

「電子マニフェスト」なら管理や報告書作成の手間が省けます。弊社が導入をサポートします。

伝票管理の手間にお悩みの企業様や、電子マニフェストの導入をご検討の企業様はお気軽にご相談ください。データ入力もサポートします。

※電子マニフェストのしくみについて、詳しくは「JWNET」をご覧ください。