感染性廃棄物を完全に無害化するために、ガイドライン水準を超える安全を実現する「溶解処理」をご提案しています。

メスキュードシステムは、製鋼用電気炉を使って2000℃以上の高熱で医療廃棄物を完全無害化溶融する処理方法です。病原菌ごと高温処理することで感染の危険をなくし、より高度な 安心を確保します。

メスキュードの特徴

超高温処理なら、病原菌も鋭利な刃物も完全に無害化できます。

メスキュードの溶融処理は、製鋼用の電気炉を利用した、日本初の超高熱溶融処理方法です。2000℃以上の超高熱により、瞬間的に完全溶融処理します。病原菌も鋭利な刃物も一瞬で完全無害化します。
※電気炉溶融処理方法はメスキュードの特許です。
※ご要望に応じて「高温焼却処理」もお選びいただけます。

専用容器により、院内保管・収集運搬時の安全性を向上させます。

ケガや感染の恐れのある廃棄物は、他の廃棄物と分別し、内容物が飛散・流出するおそれのない容器で保管・運搬することと決められています。また、容器や保管場所には、感染性廃棄物の表示をすることが必要です。
当社では、用途・容量に応じて、安全な専用容器をご提供しています。
※手を触れずに廃棄できる専用スタンドもあります。

100%リサイクルしている、地球にやさしい処理方法です。

無害化された鉄とスラグは、路盤材や鉄鋼製品などに100%リサイクルされます。

処理の流れ

提携処分場

■医療廃棄物の提携処理先

株式会社クレハ環境 (福島県いわき市錦町)
空知環境総合株式会社 (北海道岩見沢市宝水町)
株式会社共英メソナ (大阪府大阪市西淀川区)
東京鉄鋼株式会社 (青森県八戸市)
 ほか、全国各地の優良処分場と提携しております。